オフィスホワイトニングのメリットとデメリット

オフィスホワイトニングのメリットは、歯科医師が行うため、安全で手間がかからないことです。
施術前には、虫歯や歯周病などの検査も依頼すれば、歯の状態が確認できます。
歯科医師が処置してくれますから、歯並びが悪くても問題ありません。
1回の施術で白さが実感できるのは大きな魅力です。
デメリットは、審美歯科のため自由診療となり、費用は高額になります。
クリニックにより大きな差があり、2~10万円、それ以上のところもあります。
また、着色やケアの仕方もあるのでしょうが、施術後3か月~1年と持続性の低さがあげられます。
効果を維持するために継続するのも大きな負担になります。
高濃度の薬剤を使いますので、知覚過敏になる可能性もあります。
施術後は、24~48時間は禁煙し、着色しやすいコーヒーや紅茶、ワイン、ブルーベリーなどは控えなければいけません。
施術により歯の表面を保護していた被膜が?がれていますので、再生するまでの24時間程度は、刺激のある食べ物や飲み物も避けなければいけません。
高額な費用を掛けて歯を白くするのであれば、できるだけ白さを維持できる王に、正しい歯のお手入れや定期的な受診の必要です。